あなたは162236番目の
お客様です

□ お知らせ □


『空襲通信』第19号
 8月5日発刊しました.
第19号はAmazonでは購入できません.上の「問い合わせ」より申し込んでください.

2017年全国大会

 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議の第47回大会は,8月19-20日,千葉で開催されます.
 米軍資料研究会.pdf
 千葉大会プログラム.pdf
 参加申込書.xls

『空襲通信』第18号
 8月5日発刊しました.

Amazonで購入する

特集
 
パンプキン被弾地調査のいま
関連サイト
地理院地図を利用して,被弾
地を知る(サイトへ移動


『空襲通信』第17号
8月10日発刊しました.

Amazonで購入する

2015年全国大会

 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議の第45回大会は,8月22-23日,東京で開催されました.

2014年8月23-24日
空襲・戦災を記録する会全国連絡会議第44回神戸大会が神戸市立御影公会堂で開催されました.

『空襲通信』第16号
8月1日発刊しました.
 
2013年8月24-25日
 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議第43回北海道大会が函館市公民館で開催されました.


『空襲通信』第15号
8月9日発刊しました.

2012年8月25-26日
 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議第42回愛知大会が名古屋市立大学人文社会学部棟で開催されました.

2012年8月4日
『空襲通信』第14号を発刊しました.

2011年8月20-21日
 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議第41回大牟田大会が大牟田市労働福祉会館で開催されました.

2011年8月12日
 『空襲通信』第13号を発刊しました.

「横浜の空襲を記録する会」が横浜文化賞を受賞
 2010年度の横浜文化賞(第59回)の社会・スポーツ部門に「横浜の空襲を記録する会」が選ばれました.贈呈式は10月27日,ヨコハマ創造都市センターで.

2010年8月26日
 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議のホームページを立ち上げました.

2011年の大会は大牟田で
 来年度の,空襲・戦災を記録する会全国連絡会議の全国大会は大牟田市で開催されます.

2010年8月21-22日
 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議第40回東京大会が専修大学神田校舎で開催されました.

2010年8月20-21日
 米軍資料の調査・活用に関する研究会が,東京大空襲戦災資料センターで開催されました.

2010年8月11日
 『空襲通信』第12号を発刊しました.
 
空襲・戦災を記録する会全国連絡会議ブログ
12345
2017/08/20

千葉大会も2日目になりました

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
千葉大会2日目千葉大会初日は県の内外から約200人の参加がありました.2日目の今日も130人が参加,全国各地の取り組みの報告や,千葉県の空襲に関する活動報告などがありました.
 例年は午前中に終了する室内での集会ですが,今回2日目の午後も「空襲・戦争の体験を次世代に繋ぐために」というテーマでパネルディスカッションが行われ,パネリストの発言に参加者一同熱心に聞き入りました.
 閉会後も,主催者側の案内によるオプショナルツアー「空襲・戦跡めぐり」が用意されていて,多くの参加者が市内を歩きました.来年の全国大会は四国の松山で開催される予定です.

20:41 | 全国大会
2017/08/18

千葉大会が始まりました.

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
千葉大会始まる空襲・戦災を記録する会全国連絡会議が主催する第47回千葉大会のトップをきって,「米軍資料の調査・活用に関する研究会」が始まりました.千葉県庁に近い千葉県教育会館の会場には全国から約40人が参加しました.
 初日の18日は午後6時に始まりました.4件の発表があり,各発表の後,それぞれのテーマについて参加者が質問し,熱心に議論が交わされました.研究会は19日の午前中も続きます.研究会終了後,場所を移して懇親会が開催されました.

23:44 | 全国大会
2017/07/27

熊本でM76焼夷弾の不発弾が見つかる

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
M76不発弾7月24日,熊本市東区画図(えず)町の市道で,米軍が戦時中に投下したM76焼夷弾の不発弾が見つかりました.弾体に記されたM76という文字がはっきり読めるほか,焼夷弾であることを示す紫色の塗装もあせずに残っていて,保存状態は極めて良好です.尾翅の部分はなく,長さは約1m,直径は約40cmあります.
 M76は1発で500ポンドもある大型の焼夷弾で,集束しないで用いられました.M69などに比べて投下例が少なかったため,これまで不発弾はあまり見つかっていません.九州では久留米空襲や佐世保空襲で使用されましたが,熊本市街に投下したという記録は今のところ見つかっていません.
 不発弾は撤去される予定ですが,「通常の状態で爆発する危険はない」ということで,現在は不発弾を固定してとりあえず安全を確保し,住民への周知や一時的な避難など必要な準備を整えた後,行われる予定です. (写真は熊本市提供).

17:38 | 各地のたより
2017/04/13

開館10周年を迎えるピースあいちで2つの企画展開催中

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
ピースあいち企画展

ピースあいちでは開館10周年を記念して3月に展示会場を改装、新しくなった展示スペースで「ピースあいち10年のあゆみ展」と1945年5月14日の名古屋空襲を取り上げた「名古屋城が炎上した5月―『名古屋大空襲』展」を開催中です.「証言」「体験画」に加えて「名古屋城焼失第一報電文案」「国宝建造物滅失届」などの日本側資料とともに、拡大した米軍撮影の偵察写真(空襲前・撮影後)はじめ工藤洋三氏提供の米軍資料で名古屋北部市街地空襲を明らかにしていきます.展示は5月20日まで開催します.(文責 金子) 

11:54 | 各地のたより
2017/01/16

市立図書館に今治空襲の常設展示

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
今治空襲常設展示「今治市の戦災を記録する会」は,これまでに収集した米国立公文書館所蔵の写真などに説明を加えてパネル化した資料などを,空襲の悲惨さを伝えるために今治市が活用するよう働きかけてきましたが,このたび,今治市中央図書館の郷土資料コーナーの一角に常設展示されることになりました.
 写真パネルのほかに,空襲をよりリアルに理解してもらえるよう,市民から記録する会が託されたM-69焼夷弾も展示されています.記録する会の新居田会長は「体験者が高齢化する中,今治空襲をだれでもいつでも学べる場所でできてうれしい」と語っています.

19:20 | 各地のたより
2016/12/13

第32回戦災・空襲記録づくり東海交流会を開催

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
東海交流会
12月11日ピースあいちにおいて第32回東海交流会が開催されました.9月に亡くなった杉山千佐子さんのビデオ上映に続いて,特別報告は(1)早川寛司氏『1945年7月24日四日市海軍燃料廠のパンプキンを探して』(2)越智久美氏『中京高女の学徒動員と熱田空襲』(3)校條善夫氏『多治見空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する像の完成』の中身の濃い3本の報告がありました.
 後半は,半田・戦争展・瀬戸・岡崎・豊橋・全空連・静岡・ピースあいち・岐阜・戦争遺跡・大垣・小田原・敦賀・三重県歴教協・春日井の各団体からの報告がありました.交流会は20団体47人の参加で充実した会になりました.今年から再開した懇親会には19人が参加して大いに盛り上がりました. (文責金子)

21:59 | 各地のたより
2016/11/28

九州・山口地区交流会が開催されました

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
九州・山口地区交流会11月26日午後,熊本県玉名市の玉名市文化センターで「第3回空襲・戦災・戦争遺跡を考える九州・山口地区交流会」が開催され,34人が参加しました.
 休憩を挟んで,第1部の「研究・調査報告」と第2部の「活動紹介他」のそれぞれに4件ずつ,合計8件の報告があり,熱心な質疑応答が行われました.交流会の最後に,4回目になる来年は出水で開催されることが発表され,出水の代表から歓迎のあいさつがありました.
 交流会終了後は,会場を移動して懇親会が行われ16人が楽しく交流しました.

22:01 | 各地のたより
2016/08/30

女川バスツアー開催

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
女川バスツアー仙台大会を締めくくって,29日には女川バスツアーが開催され,42人が参加しました.台風が接近していて天候が心配でしたが,途中小雨が降った程度でした.
 仙台市内を出て,女川町地域医療センターから東日本大震災の傷跡を見学,雄勝硯生産販売協同組合を訪ねて雄勝石の加工工場などを見学しました.その後,石巻市大川小学校跡や津波の被害の大きかった仙台市荒浜海岸を訪ねました.写真は,大川小学校跡で地元の人の説明を聞く参加者.

22:05 | 見学会
2016/08/29

仙台大会が開催されました.

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
仙台大会空襲・戦災を記録する会全国連絡会議第46回仙台大会が,8月27?28日の日程で,仙台市戦災復興記念館で開催され,全国から160人を超える参加者がありました.26日は,記念講演,東北3県からの報告に続き,全国各地の参加者から活動報告がありました.
 2日目の28日のシンポジウム「防空壕と防空政策」は,特定のテーマに絞って発表,質疑を行う初めての試みでした.また,28日の午後は,仙台市内に残る防空壕を訪ねる市内戦跡めぐりが行われました.

22:31 | 全国大会
2016/08/27

研究会が開催されました

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
研究会8月26-27日,仙台市戦災復興記念館地下展示ホールで,米軍資料の調査・活用に関する研究会が開催され約70人が参加しました.
 17回目となる今回の研究会では,26日に5件,27日に4件の報告があり,各報告をめぐって熱心に討論が行われました.26日の研究会終了後には会場を移動して参加者による懇親会が開催されました.

20:31 | 研究会
12345

お知らせ


空襲・戦災を記録する会全国連絡会議
第47回千葉大会

パネルディスカッション
会場 千葉県教育会館
2017年8月19日(土)-20日(日)
来年は愛媛県松山市で開催します

千葉大会は終了しました.
 
空襲・戦災を記録する会全国連絡会議
第46回仙台大会

会場 仙台市戦災復興記念館地下展示室

2016年8月27日(土)-
28日(日) 
  8月29日(日) オプショナルバスツァー
市内戦跡巡り
市内戦跡めぐりの様子

仙台大会は終了しました.
 
米軍資料の
調査・活用に関する研究会


会場:仙台市
2016年8月26日-27日

第16回米軍資料の調査・活用に関する研究会
米軍資料の調査・活用に関する研究会(東京)
第17回研究会は終了しました